6月

June

衣替.入梅.父の日.夏至.ets...

蛙

6月 水無月(みなづき)June

各地では梅雨の時期に入り、降水量が多くなる
夏を迎える為に恵の雨となって草木に潤いを
与える大きな役割となります。
Grace rain season.

6月1日 衣替

Changed clothes

長袖から半袖に
夏仕様に制服を
替える

衣替

6月11日 入梅

Rainy season

立春から135日目を
入梅と言ってます。

水滴

6月19日 父の日

Father`s day

父に日頃の
感謝する日

父の日

6月21日 夏至

Summer solstice

一年の間で一番昼が
長く夜が短い日

夏至

6月といえば『紫陽花』日本の神社や寺などで多く見ますが献花、仏花に使われない理由があります。
Why hydrangea is not used for Offering flowers and Buddha flowers.

紫陽花pk

昔梅雨時期は流行病で命を落とす人が多いこともあり
多くの死者が出るこの時期に弔いの意味合いで
紫陽花を神社仏閣に植えられました。
梅雨に咲く花は『病気を呼び込む花』という迷信もあり
仏事、葬儀には敬遠された花
実際、紫陽花には毒があるため
献花や仏花には使われないのが理由です。
棘、匂いが強い、黒い花、毒花、は使用に適さないのです。
Not's suitable because it is poisonous.

明月院

2022/5/6up.