11月

November

酉の一.文化の日.立冬.七五三.お歳暮.勤労感謝の日.十日夜.ets...

紅葉

11月霜月(しもつき)November

旧暦11月を「霜月」と呼んでます。霜が降りる月、
紅葉は鮮やかになり朝夕の 寒冷が日増しに感じられます。
It's frosty and the autumn leaves are beautiful.

11月11日
酉の一

11月の酉の日に行われる祭り開運、商売繁盛を祈願して 縁起熊手を売る年末の風物詩

酉の市

11月3日
文化の日

自由と平和を願い文化を進め祝い、感謝する日、 文化勲章授与が行われる日

勲章

11月8日頃
立冬

冬の季節風1号が吹き出すころ高地での初冠雪、時雨の季節

立冬

11月15日
七五三

子供の健やかな成長を祝い祈願する行事

753

11月22日頃
小雪

雪が降り始める頃お世話になった方にお歳暮準備始める

お歳暮

11月23日
勤労感謝の日

五穀豊穣に感謝し穀物を神に供え恵に感謝する日

労働

11月22日
十日夜

稲刈りが終わって、たの神が山へ帰って行くのを送る行事

10夜

11月行事の補足説明です▽クイックでみれます。

11月11日酉の一 ▽

酉の市が開かれる「酉の日」とは、十二支を暦に当てはめたとき、酉に当たる日のことです。 つまり12日に一度巡ってきます。11月最初の酉の日を「一の酉」、次を「二の酉」、その次があれば「三の酉」と呼びます。 酉の市といえば熊手です。熊手は「かっこめ」、「はっこめ」とも呼ばれます。熊手はもともと、穀物や落ち葉をかき集めるのに使う農具。 当初は本来の目的で販売されていましたが、水商売の人たちの間で、“金銀をかき込む”商売繁盛の縁起物として人気が出たのです。以来、酉の市では必ず熊手が売りに出されるようになりました。

11月3日文化の日▽

「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことが趣旨の国民の祝日。1948年(昭和23)制定。1946年のこの日公布された新憲法の精神に基づき、 平和と文化が強調されて明日がこの日を祝日としたのは、1947年まで四大節の一つの明治節(明治天皇の誕生日)だったためもある。 現在は皇居で文化勲章の授章式があり、芸術祭がこの日を中心に開催されてます。 文化の日とは、人が作り出した考え方や楽しみのこと。また、生活が便利になるための研究や発明などのことです。

11月7日11月ごろ立冬▽

冬の季節風第1号木枯らしが吹き出すのがこのころにあたる。また北国や高地での初冠雪の知らせが届くのもこのころで、 時雨(しぐれ)の季節でもある。冬の季語。 木枯らし」とは10月半ばから11月末の間に、初めて吹く毎秒8メートル以上の北寄りの風のこと

11月15日七五三 ▽

七五三の由来には諸説ありますが、平安時代の頃から宮中で行われていた3つの儀式が基になっているそうです。 現代に比べて医療の発達が未熟で衛生面もよくなかった昔は、子どもの死亡率がとても高く「7歳までは神のうち(神の子)」として扱われ、 7歳になって初人として一人前であると認められていました。 3歳・5歳・7歳を節目とした理由は、暦が中国から伝わった際に奇数は陽、つまり縁起がいいとされたためで、 「3歳で言葉を理解し、5歳で知恵がつき、7歳で乳歯が生え替わる」という成長の節目の歳のためともいわれています。

11月22日ごろ小雪 ▽

小雪(しょうせつ)とは、雪が降りはじめるころ。まだ、積もるほど降らないことから、小雪といわれたようです。 お世話になった方に、感謝の気持ちを贈るお歳暮の準備をする期間でもあります。

11月23日勤労感謝の日▽

「五穀豊穣に感謝し、その年に収穫した新しい穀物を神に供え、天皇自らも召し上がる儀式」です。 つまり、勤労感謝の日は、そもそも「勤労」そのものではなく、勤労によってもたらされた農作物の恵みに感謝する日でした。

11月22日 十日夜▽

農家にとっては、十五夜、十三夜は秋の農繁期にあたり、ゆっくりと月見をすることも出来ません。 その代わりに、十日夜に月見を行なっています。また、十日夜は、稲の収穫作業(刈り取り、乾燥、脱穀)が終わり、 田んぼの神様が山に帰る日とされています。このため、収穫に感謝し、翌年の豊穣を祈って、十日夜祭りとも呼ばれる、神送りの行事が行われます。 今年取れた新米で餅をつき、ぼた餅をお供えすると共に、子供たちが村中をまわり「十日夜の民謡」を唄いながら、わら鉄砲で地面を叩き モグラやネズミを追い払うという実用的な面があり、子供たちにはぼた餅やお菓子などが振る舞われます。 十日夜の行事は、東日本(埼玉、群馬、長野、山梨)を中心に行われています。
2023/5/30UP