日本人はなぜ湯に浸かるのが(風呂)好きなのか?
Why do Japanese people like to soak in hot water?

禊ぎ

日本は古くから水浴は心と体を清浄にするものと考えられてきた。
There has always been an idea that a water bath cleanses the mind and body.

朝廷で重要な儀式が催される場合
公家衆は朝早く起き、
水を浴びて心身を清めてから出かけることを
習わしとしていた。
これを『禊ぎ』と言ってます。禊ぎの儀式では
冷たい川や滝、 海の水などで
心身を清浄にしていた風習
Before the ritual,it was customary to cleanse yourself with cold water.

湯

温泉文化の始まり
The beginning of hot spring culture.

時代は古代にさかのぼり733年「出雲国風土記」
『玉造り温泉』ことが記されてます
この温泉で一度洗えば容貌も美しくなり、
重ねて洗えば万病すべて治癒してしまう。
世の人たちはこれを神の湯
It was written in 「Izumo Fudoki」that it is a Kamiyu that sures all illnesses.

露天風呂

『温室経』(正式名称『仏説温室洗浴衆僧経』)
(ぶっせつうんしつせんよくしゅそうきょう)
仏説法が天平8年(736)に入ってきて
『温室経』には仏の説法として「七物」を用いて沐浴することで、
「七病」を除き、「七福」を得ることができると説かれています。
暖かい湯に浸かることは療養的な効果があり良い
風呂に入ると功徳が得られる教え

奈良文化財研究所 > なぶんけんブログ > お風呂のトリプル「七」参考

冷たい川や滝の水で身を清めていたものがやがて温泉や暖かい湯に浸かることは気持ちが良く心身共に良いこともあり
人々のあいだで風呂に入る習慣が広まり風呂好きな日本人となったいった様です。

2022/4/10up