日本のお辞儀文化
Japanese bowing culture

お辞儀の始まりThe beginning of bowing

お辞儀は日本に仏教が広まった500年〜800年頃中国の礼法を取り入れたのが始まりとされてます。 相手へ頭を下げて首を見せる姿勢が、攻撃意志や敵意がないことを表していたとされてます。

お辞儀のいろいろ

座った姿勢で行う座礼(ざれい)

zarei

立ったまま行う立礼(立礼)

ritsurei

頭を下げる深さで「会釈」「敬礼」「最敬礼」の3パターンに分けられ お辞儀の角度で意味の違いがあります。

• 会釈…上体を15度傾ける。簡単な挨拶のときに使用する.
Simple greeting.
• 敬礼…上体を30度傾ける。お客様や目上の方に対して使用する。
Suoerior greeting.
• 最敬礼…上体を45度傾ける。感謝の気持ちやお詫びをするときに使用する。
Apology greeting.

ojigi

2021/12/24UP