日本の敬語文化
Japanese cultures "Keigo"

敬語の始まりは古代の身分制社会において、上下関係を表す専用の形式が必要とされて生まれました。
Honorifics originated from the need for a special form to express hierarchical relationships in an ancient class system society.
時代と共に相手に「敬意」を表す使用に変化しました。
With the times, the usage has changed to show respect to the other party.

現在の使用目的 (Current intended use)
①相手に対する尊敬の気持ちを示し人間関係を円滑にする為、
Shows respect for others and facilitates interpersonal relationships.
②「縦社会」における相互の立場が明確になり、
社会や組織で秩序を保つ為に使用。
Used to maintain order in society and organizations
③また話し手の品位を保つ効果もあるとされてます。
It also has the effect of preserving the dignity of the speaker.

敬語メリットMeritto


目上の人や、仕事相手、 あまり親しくない人に対し、 いい印象を与えられる。
You can make a good impression on superiors, co-workers, and people you don't know very well.

改まった状況になり、場が引き締まる。
The situation has changed and the situation has tightened.

敬語デメリットDemerit


円滑なコミュニケーションの妨げになっている事や、 距離感ができてしまう例がある。
Things that hinder smooth communication, There is an example where a sense of distance is created.

敬語には3種類ある。3Types

尊敬語は、相手の動作などを高める。
Honorifics enhance the behavior of the other person.

謙譲語は、自分側の動作などを低める。
Humility language lowers one's own actions, etc.

丁寧語は、言い方を丁寧にする。
Polite language means to speak politely.

2023/3/31UP