日本のソウルフード『おにぎり』
Japanese seoul food "ONIGIRI"

当初おにぎりは稲作伝来共に携帯、保存食、祈りを捧げる時のお供え物などに、使われたとみられます。
It is believed that rice balls were originally used as portable items, preserved food, and offerings for prayers.
1987年に「日本最古のおにぎり」が石川県の弥生時代の遺跡「チャノバタケ遺跡」
「ちまき」状の米塊状態のものが発見されました。
In 1987, ``Japan's oldest rice ball'' was discovered at the ``Chanobatake Ruins,'' a Yayoi period ruin in Ishikawa Prefecture.
節句でちまきを魔除けに飾る習俗は現代でも残ってます、
日本人のお米、おにぎりへの聖なる思いが二千年以上前から現在に伝承されているのです。
Onigiri has been handed down from 2000 years ago

奈良時代の書物、「風土記」のひとつ 「常陸国風土記」に“握飯(にぎりいい)”という記述があり
また平安時代には蒸したもち米を握り固めた“屯食(とんじき)”があったことが百人一首にも記されてました。。
室町時代に描かれた酒飯論絵巻になかにも米握りを作っているものが当時の状況が描かれてます。

神様がお米に宿ると信じられ、1粒の米には七人の神様がいる伝説は前にも紹介させていただいております。
にぎったごはんを「おむすび」と呼ぶようになったとも言われてます。
There are seven gods in one grain of rice

なぜおにぎりは三角形が多いいのか?Why are rice balls triangular?
むかしの人は、自分たちの崇めていた山の神様の力をさずかろうとして、
ごはんを三角形ににぎって食べるようになった。
その山の神さまの名前が「むすひのかみ(産霊神)」だったから、「おむすび」と
よぶようになったといわれている説があります。
I made it into a triangular shape to honor the god of the mountain.

この後おにぎりは戦国時代の武士の兵糧として重宝され特に梅干し入りのおにぎりが特に良いとされ広まりました。
次回『日本伝統食梅干し』に続く 2022/1/31UP