日本の伝統食 醤油
Japanese traditional food Soy Sauce

醤油の原形は、約2000年前に出現し、弥生時代から古墳時代にかけて作られた一種の塩漬け発酵食品である「醤」といわれています。
The original form of soy sauce is a salted fermented food that appeared about 2000 years ago.
また中国古文書『周礼』にも記載が残っています。
Described in the ancient Chinese document "Shu rai"
味噌と同じく肉、魚、野菜、果物などを塩につけ込みした醗酵食品『醬』がルーツだといわれてます。
Like miso, it has its roots in soy sauce, a fermented food made by marinating meat, fish, vegetables, and fruits in salt.

塩 魚 大豆

中国から伝わった唐醬は、主に大豆原料でこの醬ができる前のものが美味しく味噌になりそこに溜まった液体が
醤油と言われる『たまり醤油』は味噌の液体で当初は少しか取れなく大変貴重な調味料でした。
The liquid that accumulates during miso making is called “tamari soy sauce.”
At first, the liquid of miso was a very valuable condiment because only a small amount was available.

醤油

現在のような 醤油の生産が盛んになるのは江戸時代です。
It was in the Edo period that soy sauce production as we know it today began.

現在の醤油は和歌山湯浅”で生まれ日本文化遺産になっています。
Today's soy sauce was born in Wakayama "Yuasa" and has become a Japanese cultural heritage.
2022/12/27UP