日本の伝統食 味噌
Japanes traditional food Miso

味噌山 味噌蔵 味噌汁
「みそ」は1300年もつづく、日本伝統の発酵食品です
高温多湿な気候の日本では、昔から食材の保存性を高める為たくさんの発酵食品が作られてきました。
そのひとつが、大豆を発酵させて作る「みそ」です。
"Miso" is a traditional Japanese fermented food that has been around for 1,300 years.In Japan, where the climate is hot and humid, many fermented foods have been made to improve the shelf life of ingredients. One of them is miso, which is made by fermenting soybeans.
みその歴史 みその起源は中国にあると言われ、約1200年前、大豆、麦や米酒、塩などを混ぜて発酵させた醤(ひしお)が 原点であるとされています。
これが飛鳥時代に日本に渡り、最古の記録では平安時代に遡ります。
The history of miso Miso is said to have originated in China, and is said to have originated about 1,200 years ago from soybeans, barley, rice wine, salt, and other fermented soy sauce. It was brought to Japan during the Asuka period, and the earliest records date back to the Heian period.
大豆 麦 米麹 塩
みそは、飛鳥時代の7世紀頃にはすでに作られていたといわれます。
はじめは高貴な人々だけが食べられる貴重品でしたが、時代とともに庶民にも広く浸透していき、
うま味たっぷりの調味料,栄養豊富な保存食として、日本の食文化に欠かせないものとなりました。
Miso is said to have already been made around the 7th century in the Asuka period. At first, it was a valuable food that only the nobles could eat, but over time it spread to the common people as well . rice field.
味噌は醤を作る過程でまだ醤になって無い未醤(みしょ)がみそと言われるようになり、 醤油は味噌を作る過程で桶底に溜まった液体が原型と言われてます。