日本人はなぜ麺を”すする”ようになったのか?
Why do Japanese people slurp noodles?

1説
味と共に香りを楽しむ
Enjoy the aroma along with the taste

麺が伸びないようにすばやく食べきる。
Eat quickly so that the noodles do not stretch.

その結果、麺をすするという食べ方が
定着したと考えられます。
As a result, the way of eating noodles has become established
2説
江戸時代(275コマ)▼江戸っ子▼ と言われる者が
流行と称しやり始めたのでは?
Edokko started doing it as a trend

音を立てて食事をすることは無作法なことだと社会的にも認識されてた江戸時代。
はじめからズルズルと音を立てながら蕎麦を食べられていたわけではなかったようです。
During the Edo period, it was socially recognized that making noise while eating was rude.
From the beginning, it seems that soba was not eaten by slurping while making a slurping sound.

江戸の蕎麦屋で音を立てて麺をすするのが当たり前になっていったのは江戸時代の後期頃

店に入って注文すればサッと出てきて、サックと食べられる存在
当時蕎麦は両極端な2通りの食べ方をしてました。

町人は
かけ蕎麦
好み
townspeople Kake soba preference

具沢山, つけ汁までも麺に全部混ぜて食べる。
mix and eat

武士は盛り蕎麦
好んだ
Samurai liked
mori soba

長い蕎麦の先をほんの少し
つけ汁にて食べる。
Eat the long soba noodles with a little dipping sauce.

2022/10/01UP