日本のお土産文化
Souvenir culture

はじめは神社仏閣に参詣したことを、帰宅してから家族などに報告するための証拠の品として 寺社などからの「授かりもの(お札)」を持ち帰るのが「おみやげ」の原初的な形態だったようです。
It started to bring back the Ofuda from the shrines and temples
日本でおみやげ文化が主流になったのは、
江戸時代のお伊勢講がきっかけとされています。
The souvenir culture was triggered by
"0ise kou"

「お伊勢講」
という仕組みは

代表者が皆んなの積立金で祈願しに行き、
神社でもらう全員のお札板「宮笥(みやげ)」を持ち帰る。
A system in which the representative goes to lse to worship
with everyone's reserve money and brings back Ofuda
参詣人数が増えていくと、すべてを
「授かりもの」とするわけにもいかなくなり、
代わる品として神社仏閣門前の「名物」を持ち帰るようになり
これが現在の「お土産」になっていった様です。
「お土産」も、心遣いに対する返礼や感謝を表す
行為の一つ として受け継がれている日本文化です。
When the number of worshipers increases,
brought back a framous items from the Ofuda.
2022/7/25up.