日本の首都はなぜ東京(江戸)になったのでしょうか?
Why did the capital of japan become Tokyo(Edo)?

東京が事実上、首都となった慶応4年7月17日(1868、9月8日より明治に改元)、
江戸を東京と称して都と定める東京奠都(tento)の詔が出され、
明治2年3月28日、 明治天皇と当時の政府である太政官が京都から東京に移り、
東京城が皇城とされた。これらの経緯をもって、東京遷都としている。

国立公文書館より引用

千年以上にわたり京都を拠点としてきた天皇が関東に移るというのは、天皇家にとっても公家にとっても極めて大きな出来事でした。
It was a big thing to move the Kyoto base for more than 1000 years.

・東北地方や北海道に残る幕府軍を制圧するには京都では西に寄りすぎている。
Seen from the whole of Japan , it is too west.
・京都や大坂は幕末の争乱や戦乱によって焼かれて、首都として適切な場所がなかった。
It was burned by the war and there was no good place as a capital.
・京都では旧来の公家勢力の影響を受けて新しい日本が築けない。(朝廷改革)
Imperial court reform is not possible in Kyoto.
・商業が盛んな関西地域は政治的中枢がなくても繁栄するが、江戸は衰退してしまう。
Edo will decline.

御所屋根 御所 馬車 京都 明治天皇
天皇が正式な『遷都の詔勅』を出さないまま、『天皇』と政府行政組織は京都から東京へ移転(遷都)して行き
東西の分裂や対立は、天皇が関東に行くという新政府による究極の大英断で回避されました。
正式に『天皇』の遷都宣言は行われていませんので、当然『御所』は現在も尚、京都にある『京都御所』のままとなっている。
The east-west confrontation could be avoided.
Since the emperor has not declared the capital to Tokyo,the kyoto imperial Palace is still left as it is.
2022/6/10UP.