日本の心「おもてなし」文化
Japanese heart 『OMOTENASHI』

目に見えないものに対しても敬意を払い、感謝をする。
もてなす相手に余計な気遣いをさせない
「おもてなし」の本質は古くから存在してます。
神様への「おもてなし」が儀式として日本の中で続けられてきたことと深い関係もあるようです。
Respect and gratitude. Don't give extra care.

「おもてなし」は平安時代、室町時代に発祥した茶の湯から始まり
日本精神の教え茶人、 千利休『わび寂び』の世界はおもてなしの心とも言われてます。
Wabi-sabi is the heart of Omotenashi.

おもてなし お手拭き つくばい

日本の飲食店などで出てくる『おしぼり』も『おもてなし』の心から始まっています。
始まりは公家が客人に用意していたことが古事記や源氏物語に記載もされてます。
高温多湿な日本だから湿らせた布で手や足をきれいにし、くつろいでもらいたいという思いやりから始まったと思われます。
The hand towels of Japanese restaurants also started with the spirit of Omotenashi.

2022/5/7up